2020年02月12日

<16歳でオレオレ詐欺師になった男、手口大公開>→なんとも“救い”のない時代です!

<16歳でオレオレ詐欺師になった男、手口大公開>    2020/1/31 日経ビジネス
 記者は「16歳でオレオレ詐欺師になった」という若者に接触し、インタビューを敢行した。片っ端から高齢者に電話して、息子を装ってカネをむしり続けたという。
 警察庁の集計によればオレオレ詐欺の被害総額は2018年に189億円となり、6年連続で150億円を上回った。だまされた高齢者は悩み苦しみ、中には命を絶つ者もいる。
 そんな卑劣な犯行に及んだ青年を山口宗佑氏(仮名)と呼ぶことにしよう。大阪・新世界の喫茶店で対面した山口氏は、野球帽とスニーカーをおしゃれに着こなす今どきの快活な若者だった。だがその口から語られたのは現実感を失い、暴走する現代の子どもたちの姿であった。
(聞き手は本誌・吉野次郎)   
―山口さんは今、何歳ですか。
山口:26です。詐欺師を始めたのは16だから、ちょうど10年前です。
―16歳で詐欺師ですか……。一体どんなきっかけで悪の道に転落したのでしょう。
山口:僕は東京の中学を卒業すると高校には進学せず、地元の建設会社で働きながら暴走族のメンバーとして活動するようになりました。その暴走族のOBにかけられた一言がきっかけです。
―何と言われたの?
山口:「荷物の運搬を手伝ってほしい」と言われました。連絡用に他人名義の携帯電話を渡されたとき、さすがにヤバそうな仕事だと気づきましたが、もう後戻りできません。先輩の言葉は絶対だと自分に言い聞かせて引き受けました。運搬の当日、指定されたマンションの前で荷物を受け取った途端、スーツ姿の捜査員に取り囲まれました。警察署に連行され、オレオレ詐欺のカネを受け取る「受け子」をやらされていたことを知りました。
―詐欺に気づいた被害者が警察に通報していたんですね。詐欺稼業の初日に逮捕されたのは、せめてもの救いだったと思うのですが。
山口:僕も改心して真面目に働こうと思いましたが、勤めていた建設会社には復職を認めてもらえませんでした。そんなとき再び暴走族のOBから「詐欺をやらないか」と声をかけられました。収入がなくなり、お金に困っていたので思わず「やります」と答えてしまいました。
―また受け子を引き受けたのですか?
山口:違います。詐欺グループに戻った僕は「かけ子」に昇格しました。名簿に従って高齢者に電話をかけ、言葉巧みに金銭を巻き上げる最前線の要員です。
―どんな職場環境でしたか?
山口:詐欺グループは東京都内で「ハコ」と呼ばれる拠点を4カ所運用していました。そのうちの1つの賃貸マンションが僕の配属先でした。ここには自分のほかにも3から4人のかけ子がおり、連日電話をかけていました。
―近所に怪しまれたりしませんか?
山口:「怪しげな若者が頻繁に部屋を出入りしている」などと近所に通報されるリスクは常にありますので、なるべく目立たないように行動していました。出勤時間は毎週日曜日の夕方で、退出は金曜日の夕方です。この間、一歩も外に出られません。つまり6日間にわたってハコに缶詰となり、電話をかけ続けるわけです。窓枠には目張りを施して外に漏れる音を減らすとともに、外から中の様子がのぞけないように昼間でも遮光カーテンを締め切っていました。
―かなり窮屈な共同生活ですね。私は耐えられないな。
山口:僕も最初は苦痛でしたが、そのうち平気になります。慣れって不思議なものですね。
―具体的にどのような電話をかけたのか教えてください。
山口:6日間の出勤中は毎晩午後7時から午前0時が「アポ電」と呼ばれる詐欺の準備段階の電話になります。具体的には「俺だけど、へんとう腺が腫れてしまって、明朝病院に行く。ちなみに携帯電話の番号が変わったから控えといて」という感じです。電話番号が変わったことにすれば、実の息子に電話してウソが発覚するのを防ぐことができます。名簿に従って1晩で400から500人に電話しました。
―そのうち何人ぐらいがだまされますか?
山口:こちらの言っていることを信じて「アポが取れた」状態の人は15人ほどに絞り込まれます。
●同じ被害者を繰り返しカモにする
―次はいよいよ詐欺の電話ということになるわけですね。
山口:はい。アポが取れた相手に対して翌朝8時半から全員に電話します。「病院に行ったけど、先生からストレスが原因ではないかと言われた。実は不倫相手を妊娠させて精神的にまいっている。相手の旦那さんから100万円の慰謝料を請求されており、本日中に振り込まないといけない。貯金が足りないので、払ってもらえないか」などとカネを無心します。
 だまし通すことに成功して、相手から電話で振り込んだとの連絡があれば、集金グループに連絡し、回収に向かわせます。僕らの詐欺グループは現金を直接手渡される受け子ではなく、ATMから現金を引き出す「出し子」を集金に使っていました。出し子が100万円を引き出したら、再び被害者に電話します。
―なぜですか?
山口:さらにお金をだまし取るためです。「相手の旦那さんから100万円しか振り込まれていないと文句を言われた。慰謝料は200万円だと言ったじゃん。ちゃんと聞いてよ」などといって、追加で振り込ませます。その後も弁護士費用が足りないなどと言って、相手がさすがにおかしいと気づくまでむしり続けます。
―山口さんはいくらぐらい手にしたのですか?
山口:詐取したカネの20%が自分の懐に入りました。1週間で合計1000万円をだまし取ることに成功したら、20%の200万円に加えてボーナスとして100万円が出ます。調子の良いときは1週間で300万円を手にすることができました。
―電話中に良心が痛むことはなかったのでしょうか。
山口:ありません。電話の向こうに生身の人間がいるという現実感がありませんでした。ただ1度だけ被害者の存在を意識したことがあります。高齢の女性でした。途中で詐欺であることに気づき、電話口で「お金返して!」などと悲鳴を上げていました。このときはさすがに怖くなり、血の気が引きましたね。
―それでも詐欺グループを抜けようとは思い至らなかったんですか?
山口:はい、そのときはやめようとは思いませんでした。でも19歳で無断でグループを抜けましたよ。
―足を洗ったんですか?
山口:違います。独立して仲間と新しい詐欺グループを旗揚げしました。
―そうですか……。
山口:けど僕らが新たに採用した集金グループは秘密保持が緩く、警察に捕まった出し子を起点に本格的に捜査が始まりました。仲間が芋づる式に逮捕され、捜査の手は自分にも迫りました。ある日、当時付き合っていた女性のマンションを出たところで、僕はスーツ姿の捜査員に囲まれました。4年に及ぶ詐欺稼業で身も心も疲れ切っており、「やっと来たか」という思いで逮捕を受け入れました。
 警察署では被害者の供述調書を読んで電話の向こう側にいた高齢者の心情を知りました。老後の生活費を簡単にだまし取られ自分自身を許せずにいる人、家族に責められ苦しんでいる人がいました。幸いにも警察で把握している被害者の中に自殺者はいませんでした。僕は二度と詐欺には手を染めないことを心に誓いました。
●現実感なく、遊び感覚で犯行
 山口氏のように、逮捕されるまでことの重大性に気づかずに卑劣な犯罪に手を染める子どもたちは後を絶たない。警察が2018年にオレオレ詐欺を含む特殊詐欺で検挙した人の3割が未成年だった。サイバー犯罪も未成年の犯行が目立つ。警察が18年に不正アクセス禁止法で検挙した世代で最も多かったのが10代で、3割に及んだ。サイバー犯罪捜査官として多くの未成年を検挙した警察OBによると、「犯行をネットで公開すると、みんな盛り上がってくれた」というのが子どもたちの定番の言い訳だという。まさに遊び感覚である。
 現実感のないまま犯行に及ぶ子どもたちの詳しい生い立ちは拙著『サイバーアンダーグラウンド/ネットの闇に巣喰う人々』に譲るとして、山口氏の「その後」に話を戻そう。
 起訴された詐欺は30件で、被害総額は6000万円に上った。山口氏は詐欺で手にした億単位のカネを豪遊でほぼ使い切っており、刑を少しでも軽くしようと、親が借金して弁償を肩代わりしてくれた。4年の刑期を終え、現在山口氏は大阪で金融商品の営業マンとして客先を回る日々を送っているという。
―まさか詐欺ではないですよね。
山口:架空の金融商品じゃないですよ。まともな仕事です。ずっと電話でしゃべっていたので、人並み以上には営業トークができるのではないかと思い、この仕事を選びました。被害額の返済を肩代わりしてくれた親には稼いだ給料の中から少しずつ返しています。
 果たして豪遊生活に未練はないのだろうか。最後に少々意地悪な質問をしてみた。
―オレオレ詐欺をやっていたころと比べて収入は桁違いに減ったのではないですか?
山口:はい。今さらながらお金を稼ぐのって大変だと気づきました。それが当たり前なんですよね?
 自分に言い聞かせているように見えた。
************************************************************
👀 これでは、なかなかオレオレ詐欺が無くならないワケですね。
全く反省もなく、悪びれず淡々と詐欺をこなしていく下っ端実行犯(未成年などの若者)。
システマチックに構築された犯罪システム。
昔と違って、非行少年が若気の至りで犯罪を犯してしまうといった陳腐ながらに多少は納得できる犯罪の背景も無くなり・・・
無機的な犯罪システムと無感情な実行犯のゲーム的な犯行・・・現代的で“救い”がありません。
その上恐ろしいのは、上記の記事〜
「〜4年の刑期を終え、現在山口氏は大阪で金融商品の営業マンとして客先を回る日々を送っているという。」
〜という部分ですね。

 オレオレ詐欺で捕まっても、社会復帰して、金融商品の営業マン!!
犯罪である”特殊詐欺”から、犯罪ではない“金融商品の販売”へ!
老人ダマして、お金を得ることに、変わりはないですね。
この面でもまったく”救い”がない話でしたね。
いずれにしても、高齢の親を持つ皆さんは、「犯罪」か「犯罪でない」かを問わず「ダマされない」ということに注力するしか、平穏な老後は築けないことは、くれぐれもお忘れなきよう!





クリックお願いいたします。m(_ _)m
posted by 隊長 at 12:00| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

<本当に怖いのは「自信と過信」? 高齢者ドライバーによる事故、なぜ起きる>  

<本当に怖いのは「自信と過信」? 高齢者ドライバーによる事故、なぜ起きる>   2019.5.12 AERA
 高齢ドライバーによる事故は罪のない人の命を奪い、自らの人生も崩壊させる。生活上、移動手段として必要な場合もあるが、都市の高齢者が本当に車を持つべきか、いま一度考える機会にしたい。
*  *  *
 また、高齢ドライバーによる痛ましい事故が起こってしまった。4月19日、東京・池袋で87歳男性の運転する車が暴走し交差点に進入、歩行者を次々とはね、自転車に乗っていた母娘の2人が亡くなった。
 近年、交通事故の死者数は減少傾向が続くが、高齢ドライバーによる死亡事故に限ればほぼ横ばいだ。警察庁のデータによると、2017年にあった75歳以上のドライバーによる死亡事故は418件。免許を持つ人10万人あたり7.7件で、75歳未満の3.7件と比べて2倍以上にあたる。80歳以上では10.6件とさらに増加する。高齢運転の危うさがわかる。
『高齢ドライバー』(文春新書、共著)などの著書がある立正大学の所正文教授(61)によると、高齢運転者の事故には特徴があるという。
「若年層と違い、高齢者は交差点内での事故が多いのが特徴です。これは、年齢が上がるごとに複雑な課題に対する反応が遅れたり、動作を間違えたりするという特性で説明できます」
 青信号になったらアクセルを踏む、赤ならブレーキ、といった単純な動作なら、実は年齢による反応速度の差が大きくない。20代と70代で0.1秒しか変わらないという実験結果もある。認知機能に問題がない前提で、交通量が少なく、危険な所も熟知している走り慣れた道ならば高齢であっても危険性は極端に高くはないそうだ。しかし、課題が複雑になればなるほど高齢者の反応は遅くなり、その上間違えやすくなる。
「あらゆる方向から人が歩いてきて車通りも多い都心の交差点は“複雑な課題”の典型例です。免許更新時の認知機能検査で問題がなくても、高齢者がこんなところを走るのは無謀運転そのものです」
 もう一つ、高齢者に多いのが「過信」だ。所教授は言う。
「自分の運転に自信を持っている人の割合は、年齢を重ねるごとに高くなります」
 所教授の昨年の調査によると、「自分の運転技術に自信を持っている」人は30代男性で28.6%だが、80代以上では男性76.0%、女性58.3%と高かった。仕事や実生活では、若いころよりポテンシャルが落ちても、経験でカバーできる部分が大きい。しかし、運転の場合は前述のように、経験の蓄積とは違うとっさの対処能力が重要になってくる。
「それなのに、これまで事故を起こしていないという“自信”が“過信”を招き、自分の衰えを直視しない例が多いのです」
 高齢ドライバーのなかには、生活上必要な移動手段として車を手放せない人もいる。公共交通機関が充実しておらず、タクシー台数も少ない地方では代替手段が乏しいからだ。しかし今回の事故の舞台となった池袋のような都市部で、車に乗り続けるメリットはあるのか。「タクシーはお金がかかる」というイメージがあるが、果たして本当に車に乗ることが金銭面で「お得」と言えるのだろうか。
「コスト面だけで言うと、自動車の保有にメリットはない」
 そう断言するのは、自動車メーカー勤務の経験もあるファイナンシャルプランナーの藤川太さん(50)だ。自動車を所有し維持するためには、車検代や駐車場代など年齢にかかわらない費用も多いが、高齢者だからこそかかってしまうコストもある。藤川さんは言う。
「高齢者が運転するなら、車そのものと保険は十分注意しましょう」
(編集部・川口穣)
※AERA 2019年5月13日号より抜粋
************************************************************
👀 まだ自分の親などの高齢者の運転について、切実な問題に直面していない方々は、上記のような記事を見ても〜
「最近の高齢者は元気な人が多いし・・・」
「高齢者でも自信があって良い事だ・・・」
「自分も高齢になってもバンバンドライブしたいし・・・」
〜等と、軽く考えてしまうものです。
かくいう私も同様でした。

しかしながら、高齢の親の理解力や判断力の衰えが著しくなり、認知症レベルにまで到達してくると真剣度(深刻度)が変わり、このようなニュースに対する感じ方も大きく変わるものです。
上記の記事で 〜「自分の運転技術に自信を持っている」人は30代男性で28.6%だが、80代以上では男性76.0%、女性58.3%と高かった。〜という結果が載っていますが、高齢者の運転問題が、いかに「悩ましいか」を如実に示しているのです。
高齢者でも「一般論」としては「高齢者は判断力も落ちるから運転は止めた方が良い」ということに賛成します。
しかし、本当に自分が高齢となり「運転を止めさせられる」のが「自分」となると話が別になります。
そこで・・・下手に「運転に自信がない」なんて漏らすと「ここぞとばかり」に家族や周囲の人に運転を止めさせる口実を与えることになってしまう事を感じ、あえて「自信がある!」と言わざるを得ないとも言えます。
ですから殊更に、高齢になるほど「運転に自信がある」人が増える結果になります。
高齢者ほど「運転に自信がある」人が増えるというのは、一見合理性が無い結果ですが、高齢者の心理としては理解できないこともありません。
 いずれにしても本当に運転能力が低下していなくて「運転に自信がある」のなら良いのですが・・・
大半の高齢者はそうではありません。
もっと意地悪に言えば・・・少し運転に不安があるくらいの高齢者の方が、それを気取られないために〜
「運転に自信がある・・・」
「まだまだ60歳の頃と変わらない・・・」
〜等と「虚勢」を張るものです。
また、「虚勢」ならまだしも・・・
認知症で本当に理解力や判断力が落ちている場合は、病識がないのと同様、運転能力についてもそもそも低下していること自体を本人が認識していない(できない)ので、ますます厄介なことになります。
  ↑
当方の父もこのような状態でした。
このような状況における高齢者の運転問題を解決することの難しさは、今なら実感をもって理解できます。
なかなか八方ふさがりになりますよ〜
・「言って聞かせても」→「怒る」「意固地になる」
・「免許更新」→「余程認知症が悪化していない限り更新できてしまいます」
        「更新できてしまった場合、逆効果(お上のお許し)になります」
        (当方の父の場合も認知症でしたが更新できてしまい、後悔しました)  
・「何もしない」→「怒らせなくて済むがいずれ事故というリスクから逃れられません」
・「タクシー使う」→「ボケてない人はこれで良い場合もあるが、認知症の場合・・・そもそも呼ぶことができません」
〜認知症の高齢の親御さんの運転問題で悩んでいる場合、「免許更新」が近づいていているなら「こんなにボケていれば、今回は更新できないだろう・・・」などと勝手に判断しないこと。
最高のチャンスをミスミス逃します!
免許更新前に内内にご家族が警察・免許試験場などと周到な連絡をとり、免許更新をさせないような段取りを整えることが、最もスマートな解決法です!
本人にとっても誰かに無理やり止めさせられるよりも、「免許の更新」に行ったら「残念ながら更新できなかった」というのが、納得し受け入れやすいと思われます。





クリックお願いいたします。m(_ _)m

クリックお願いいたします。m(_ _)m

posted by 隊長 at 16:26| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

<ドコモと東京海上、AIで保険を提案 年内(2019)に発売> →”携帯屋さん”で人工知能(AI)の勧める保険に加入してくる″おじいさん”増加の予感!

<ドコモと東京海上、AIで保険を提案 年内に発売> 2019/10/11  日本経済新聞
NTTドコモと東京海上日動火災保険は11日、人工知能(AI)を使って個人にあわせた保険を勧めるサービスを年内に始めると発表した。同意を得て、スマートフォンの利用状況や年齢、居住地などをもとに、傷害など7種類の保険を組み合わせて提案する。損害保険業界で、スマホで手軽に保険に入れるようにする動きが加速してきた。
名称は「AIほけん」で、提供する保険はケガなどの損害を補償する傷害保険のほか、損害賠償保険、ゴルフ保険や介護保険など。スマホを通じ、一般的な保険料水準などをもとにおすすめの保険の組み合わせと月額料金を提案する。
利用者が予算を変更し、それにあわせて保険の内容を組み替えることもできる。11日に都内で開いた発表会に出席した東京海上日動の広瀬伸一社長は「ライフスタイルの変化に合わせた保険を適切なタイミングで提案する」と説明した。
損保業界では、顧客は代理店などを通じて保険を契約するのが一般的だった。同業他社でもIT関連企業との連携が進んでいる。
************************************************************
👀 理解力・判断力が落ちた高齢者家族に悩まされたことのない人にとっては〜
「NTTドコモがAIで保険を提案してくれるんだ・・・」
「便利かも・・・」
「どうでもいい・・・」
〜せいぜいこんなところでしょう。
しかしながら、理解力・判断力が落ちた高齢者で悩まされている家族にとっては「やめて欲しい」というのが本音です。
 特にNTTドコモは、高齢者にとっては現役時代に「電電公社」の時代の記憶もあり「電話屋さん」というのは「身近で比較的信頼できる会社」といった感覚を持っていることも多いでしょう。
そして、高齢者でも今どき携帯やスマホは、当たり前のように日常的に使っていますから「機種の変更」「故障」といった機会に店頭を訪れることも多いはずです。

 店頭を訪れた理解力・判断力の衰えた高齢者が、”親切な″(と信じている)店員さんに〜
「お孫さんの為に、生命保険をと人工知能(AI)が・・・」
「お孫さんの教育資金に学資保険をと人工知能(AI)が・・・」
〜等と語りかけられたら・・・
どうなるかは、火を見るより明らかですね。
理解力や判断力がある顧客が十分理解したうえでドコモで、保険加入するのは、問題ないかもしれませんが・・・
そのような人は、電話屋で保険加入などしないような気もします。
結局、ドコモの狙いも「意識的か否か」は別にしても、”高齢者ねらい”の香りがプンプンしているように思えてなりません。

 兎に角、高齢者をダマして日銭を得ようとする者が多すぎます。
特に、高齢者が信用しやすい大企業までそのような姿勢のビジネスを展開することには、高齢者家族に悩むものとして本当に忸怩たる気持ちです。
いずれにしても、これからは理解力・判断力が衰えた高齢家族が「電話屋さんに行ってくる!」と言ったら、ついて行かないと「保険に加入して」帰ってくるかもしれないと思っておかないといけなくなりそうです。



クリックお願いいたします。m(_ _)m
posted by 隊長 at 12:00| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする