2020年03月19日

「認知症サポーター」の全店配置について> :優しくされて、ますますダマされる高齢者が増えなければ良いのですが・・・

<「認知症サポーター」の全店配置について>    2020/02/28  株式会社 横浜銀行
コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行(代表取締役頭取 大矢 恭好)は、2020年2月までに国内全営業店で認知症サポーター養成講座を実施し、約2,400人の行員が「認知症サポーター」となりましたのでお知らせします。
厚生労働省が推進する「認知症サポーター」とは、認知症サポーター養成講座を受講し、認知症に対して正しい知識や理解を持ち、認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けをおこなう人のことです。
横浜銀行では、営業店の行員が認知症の正しい知識や理解を身に付けて同サポーターになることで、認知症の人やそのご家族がお困りの際にお手伝いができる体制を整えました。今後は、認知症サポーター養成講座の実施を本部行員や新入行員に拡大することを検討していきます。
横浜銀行は今後も、持続可能な社会の実現に向けた活動を展開していくとともに、すべてのお客さまに利用しやすいサービスの改善に努めてまいります。
************************************************************
👀 高齢化社会ですから、顧客サービスの一環として「認知症サポーター」を店舗に導入するのは、良い事です。
これが、単なるバス・電車・小売業などであれば諸手を挙げて歓迎なのですが・・・
証券・金融機関では、認知症を察知されて、親切にされて、喜び心を許してしまう老人が増えるかと思うと・・・
近年の金融機関の高齢者に対するリスクある金融商品を押し付け販売する傾向の酷さを思うと複雑ですね。

<要注意:高齢者は女性にダマされる>
金融ビックバンによる規制緩和・自由化以降の金融業界で顕著なのは、雇用機会均等法も絡んだ女性窓口営業の強化です。
バブル期以前は、金融機関の窓口女性は本格的な戦力というよりは、補助的・お嫁さん候補的な存在でもありました。
そこで証券会社でさえ、基本的に窓口女性は、公社債投信・中国ファンドといったほぼ元本確実な金融商品しか扱わないものでした。
いわんや銀行や郵便局では、事実上、店舗窓口では、確定利回りの金融商品しかありませんでした。
例外的に保険会社は、その頃も女性営業が戦力化していましたが・・・(これは日本の保険会社の伝統的営業形態と言えますから。)
 ですから、現在高齢者である方々にとって、金融機関の窓口の女性というのは、男性営業と違い「リスクのある金融商品を売り付けられる」という印象をほとんど持っていないのが実情です。
特に、銀行の職員に対しては、昔のイメージのまま「お堅い、堅実・・・」「リスクある金融商品など売らない・・・」といった職員像を持たれている高齢者も少なくありません。
しかし、高齢者がどのようなイメージを思っていようと・・・現在の金融機関の窓口女性営業は、そんな牧歌的な状況にはありません。
ノルマを課せられ、投信・仕組債…etcといったリスクある金融商品をドンドン販売しなければいけない戦力と位置付けられているのです。
(金融機関での役割は、いまや男性営業と大差ないと思っておいた方が良いでしょう。)
高齢化社会が進行し、高齢者の顧客が増えるにつれ、金融機関各社はますます高齢者に当たりが良い窓口女性の活用を進めています。
高齢者は、人当りも良い女性職員には、男性営業に対するような警戒心を持たない人が多いものです。
また、投資に不慣れな高齢者の男性の場合、自分よりはるかに若い女性職員に、有らぬ好意を持ってしまったり、見栄を張ってしまっりで、勧誘を断れないといったケースも見受けられます。
高齢者自身はもちろん、そのご家族もいま一度金融機関の窓口女性に対する認識を正しく持っていただくことが必要です。
金融機関の窓口で、ニコニコと現れる女性職員は、高齢者の皆様にとっては、娘や孫のように、可愛らしいかもしれませんが・・・
昔ではないので、男女平等!
男の営業マンに対するのと同じくらいの気構えで行かないと、あっさりダマされてしまいます。
「綺麗なバラには棘が有る」ではありませんが、くれぐれも「いつも優しい窓口女性だからダマさないだろう・・・」などといった甘い判断で金融商品を購入してはいけません。



👀  銀行の女性営業のお悩み(心の叫び)・・・高齢者の皆様、こんな女性職員の実態を知っていますか?(同情には値しますが、顧客としては・・・)
実態を正しく理解したうえで金融機関の営業と関係を築きましょう!
    ↓
************************************************************
yahoo知恵袋より
※「銀行員(女)です。今の仕事に働く意味が見当たりません。」

 私は、銀行で営業の仕事をしています。
銀行に入るのも、他にやりたい仕事があったわけではなく、
志望動機もアヤフヤなまま、
たまたま内定を貰ったので、入行しました。
銀行=窓口でお金を入れたり出したりするだけ。
そんなイメージを持っていたのですが、
実際に働いてみると、ノルマに追われて本当に毎日しんどいです。
私の営業の仕事は、
お客様に投資信託や変額年金保険を売る仕事です。
サブプライムローン問題等で、先輩が今まで大量に販売してきた投信の顧客が
大損しており、保有されているお客様から嫌味を言われる毎日。
私が売ったわけじゃないのに・・・
こんな情勢でも、関係なく
お金持ちのおじいさんやおばあさんに
投資信託を売れ!!という会社。。
それに答えるべく、
コンプライアンスを守ってるフリをして運用商品を売りつける私。
もう嫌です。
でも
今仕事を辞めたところで、他に仕事が見つかるほど甘くないのはわかってるし、
ボーナスも、他の友達よりかはだいぶ貰っているほうです。
だから、辞められないです。
同じく銀行や証券会社で働かれている方。
営業マンの方。
何でもいいので意見をください。
元々私は接客業は向いてない性格です。
人見知りするし、なにより
人と話すのは苦手だし。。
こんなことなら、
多少、歩合が悪くても
普通の一般事務をしてたかった。。
私の考えは甘すぎる!!
とか、
同感です・・・
とか。
なんでもいいです。
明日からまた仕事です。
辛いです。
************************************************************





クリックお願いいたします。m(_ _)m






posted by 隊長 at 14:40| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

老人を狙う来訪者達!・・・せめて実態は知っておきましょう。

👀  今までは、親と同居ではなかったため、あまり知る機会もなかった「高齢者がダマされている」という現実。
そして、自分の身内が騙されみて、あらためて思い知らされたことは→「高齢者の家には想像以上にいろいろな来訪者や勧誘電話がやってきている」という事実です。
昨今、子育て世代の家庭は「核家族」で「共働き」が多いので、家庭に来訪しての営業活動は、効率が悪い為、比較的若い住民が多い地域には、この手の来訪者はあまり現れません。
その為、若い世代は、自分たちの家にはあまり訪問型の営業が来ないことから、「高齢な親の家でもそんなものだろう!」と思いがちです。
わたしも親がダマされるまでは、そんな認識でした。
しかし、高齢者がダマされる現代日本の実態は、そんな甘いものではありませんでした。

<高齢化した街には、高齢者をダマすために来訪者が跋扈する!>
 現在高齢である親世代は、親たちが子育て世代であった頃に分譲された地域に住んでいるケースが多いものです。
高齢者をダマそうとする訪問販売業者はそのような「高齢者の比率の高い街」にコゾッてやってきます。
高齢者は、現役世代のように留守がちでもなく、在宅であることが多く、お金もそれなりに持っています。
その上、高齢になり理解力や判断力が落ちていますから、若い世代よりはるかにダマしやすいですから・・・
どうせ訪問販売やるなら、そこに行かないワケがないのです。
高齢者のご家族の皆さん、もし同居されていないなら、一度高齢な親の家にどの程度来訪者や勧誘電話が来ているか調べてみた方が良いでしょう。
親御さんが住んでいるのが、高齢化率の高い住宅地域である場合、「こんなに来ているのか・・・」と驚かれることと思います。
 
<どんな連中が高齢者をダマしに来るのか?>
 オレオレ詐欺くらいは、皆様ご存知と思いますが・・・
それ以外にも〜
・廃品回収系 
 「無料!」と言って近寄り、頼むと結局は、高い料金を支払わされる
 「不用品回収!」と言いながら、目的は貴金属にあり、不当に宝飾品を安く買い取る。
・害虫系
 「シロアリ検査します」などと言って最終的に高額な代金を請求。
・リフォーム系
 「素人では見れない屋根の診断を・・・」
 「水道、下水の漏水を検査・・・ 」
 「耐震補強・・・」
 「火災感知器が義務に・・・」
 〜等々、結局は不要で高額な工事代金を請求されたりします。
・宗教・スピリチュアル系          
 「病気や不幸に乗じて勧誘、結局は寄付・喜捨を強要。壺・仏壇など購入させるケースも。」
・健康食品、サプリメント、医療関連器具系
 「ガン予防効果が・・・」「ひざの痛みが・・・」等と言って効果の疑わしい商品を売りつける。
 最近は、定期購入契約の形も多い。

〜まだまだいろいろなパターンは有りますが、いずれにしても理解力や判断力が落ちている高齢者をターゲットに、このような怪しげな連中が(同居していないご家族が想像する以上に)跋扈していることは知っておきましょう。
大抵の場合、高齢の親がダマされて、初めて高齢者を取り巻くダマしの実態を知り・・・「後の祭り」ということになってしまいます。
とにかく、自分の親を取り巻く悪質来訪者の状況だけでも確認しておきましょう。

(つづく)

blogramのブログランキング

クリックお願いいたします。m(_ _)m
posted by 隊長 at 13:49| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

中立を装う保険代理店やFPなどにもダマされないような注意が必要。特に高齢者!

<気をつけろ!「保険ショップ」にダマされる中高年が急増中 本当に「あなたの味方」なのか> 週刊現代 2016/7/1
「公平中立」「無料相談」などと謳い、巷に急増中の保険ショップ。しかし中には、そうした甘い言葉で客を巧みに誘導し、意に反した「危ない商品」を売りつける店もある。ダマされてはいけない。
・「良い人そうに見えたのに」
神奈川県在住の酒井真子さん(40代、仮名)が初めて「保険ショップ」を訪れたのは、軽い不整脈で入院したことがきっかけだった。酒井さんには小学生になる息子がいて、共働きで働く夫婦のどちらかに「万が一」があれば、家族が路頭に迷いかねないと思った。
これまで夫婦ともに健康だったし、少しでも貯金を殖やしたかったので、保険には入らなかった。しかし、いよいよそうも言っていられなくなり、近所で評判になっていた保険ショップに相談に訪れたのだが、これが「悪夢」の始まりだった。
酒井さんが言う。
「まず、どういう目的で保険に入りたいのかを聞かれたので、正直に答えました。まずは資産を預金のように安全に運用してくれながら、しかも『万が一』が起きた時に保障をしてくれる保険。それに、子供もいるので教育資金を貯められる保険商品も興味がありました」
酒井さんが保険ショップでそうした「身の上」を話すと、相談員は親身に話を聞いてくれた。
しかも、相談料はなんと無料。そのうえ、相談員は複数の保険会社の商品の中から、「公平・中立」に酒井さんに合った商品を選び抜き、ベストな商品プランを設計してくれると言う。
酒井さんの世帯年収は700万円ほどで生活に不自由しているわけではないが、家族の将来に、より安心感が持てるような保険プランを作ってほしいと頼んだ。
そうした一連の話を聞いたうえで、相談員が提案してきたのは投資型保険。払い込んだ保険料を保険会社が株式などで運用し、その運用結果次第で受け取れる保険金額などが増減する商品である。

酒井さんは後で知ることになるが、実は元本割れのリスクがあり、損をするかもしれない「望まざる商品」だった。
「私はその時は言われるがまま、その保険に入ってしまいました。
しかし、後で保険に詳しい知人に話したところ、『それは危ない、資産を崩しかねない』と諭されて、『やってしまった』と気づかされたんです。しかも、解約した場合は手数料が発生するうえ、払い込んだ保険料が全部は返ってこないということでした」
なぜ、この保険ショップは客が望まない商品を売りつけたのか。ファイナンシャルプランナーの宮崎貴裕氏は言う。
「保険ショップは『乗合代理店』として、様々な保険会社の商品を取り扱い、それを売ることで保険会社から契約手数料をもらっている。手数料は商品によってだいぶ差があります。
本来、彼女にとって望ましいのは学資保険や終身保険など、元本が保証されている保険商品のはず。ところがこれらは、保険ショップが保険会社からもらえる手数料がものすごく安い。一方で、投資型の保険は元本割れのリスクをともなう分、ショップが手にするマージンが大きい。
このケースでは、ショップ側が手数料欲しさに『安全運用』を望む彼女の意向を無視したわけです」
************************************************************
👀 公正・中立な?アドバイスで、自分たちの実入りの良い保険に乗り換えさせ、新規取扱手数料をくすねる保険ショップが蔓延しています。
この手の銀行・証券・保険の取り扱う金融機関の商品を比較し〜
「中立な立場で」
「無料でコンサルティング」
「お客様のライフプランにピッタリ・・・」
〜といった形態のショップやWebサービスやFPなどが巷にあふれています。
このようなサービスも単独の金融機関の営業マンの言いなりになるよりは幾分マシですが・・・
 たとえば、「保険の窓口」のような商売では、所詮「顧客に保険を販売する」という前提は、無くなりません。
そうでなくても日本人は保険に関しては、オーバーインシュアランスな場合が多いのですが〜
「この保険に変えれば保険料安くなりますよ・・・」
〜などと言って、そもそも掛けることを止めた方がいい場合でも、乗換させることが殆んどです。
保険の代理店に詳しくない方は、分からないでしょうが、保険は新規契約取扱い時の代理店手数料が最も割が良いのでどうしても不必要な乗り換えを勧める傾向に走りがちです。
とにかく、商売である以上、「手数料収入が多い商品」に比重を置く傾向からも逃れられません。
元の保険を変更しなくても良いようなケースでも、保険料が安くなる等々と保険に疎い顧客を煙に巻いて新規の乗換契約を手中にしますから・・・
まあ、このような商売をしている側に言わせれば〜
「顧客も保険料が安くなったりで大満足」
「そして、我々も手数料で大儲け!」
〜「一石二鳥でWINWINの商売なのだ」ということなのですが!

 この手の商売やFPといった商売も「中立!」ということを大きく謳い文句にしますが・・・
かなり眉唾なケースも頻繫に見受けられます。
本当に良心的に中立な場合もありますが・・・
「中立・・・」と喧伝するものの実態は「ヒモ付き」というケースも多いです。
罪深いのは、「中立」と信じてやってくるような顧客は、実際中立でなくてもそれを見破る力が有る方は余りいません。
いわんや、理解力や判断力が衰えた高齢者など何おかいわんやです。

<本日の結論:「中立!」、「無料!」と大きく宣伝するところは「ダマされやすい」・・・何らかの落とし穴は有ります!> 
 いずれにしても「中立!」、「無料!」と喧伝するこの手の商売は、一見とても有りがたい良いサービスに思えるかもしれませんが・・・
素人には表面上分からない儲けの仕組みが厳然と存在しますので、参考程度にアドバイスを受け、どうせ無料ですから同様の商売をしている他の会社のアドバイスも必ずセカンドオピニオン、サードオピニオンとして聞いておくことが重要です。
「中立な立場だからキット公正な・・・」
「良いアドバイザーだったな・・・」
〜などと言って、迂闊に契約すると、表面上は保険料は安くなっていたとしても、それが本当に良い選択かどうかは、案外わからないものですよ。
 この手の商売の特徴として、「人当りを良くするため」や「ダマされそう」な印象を避ける為に比較的若い女性職員が応対するところが多いものです。
特に高齢者は、娘や孫の様なお嬢ちゃん達に薦められるとダマされるなどということは、ツユにも思わないことが多いので、ご家族は注意した方が良いでしょう。


👀 そもそも金融業界が保険を販売する時から、ダマして自分たちが儲かる保険に入らせているから「保険の見直し屋」が現れるんですよね・・・
     ↓
************************************************************
<信金界、保険販売ルール見直し、高齢者フォロー厳格化> 2020年1月17日号8面 ニッキン
 信用金庫界で、高齢者への保険販売ルールを見直す動きが広がっている。平均寿命や働く期間が延び、「老後資金や相続対策で保険加入を検討する年齢が後ろ倒しになってきている」(生命保険協会)ため。高齢者への外貨建て保険販売に対する苦情も増えており、これらの抑制につなげる狙いもある。
************************************************************
<郵便局員に騙されるとは…生命保険「絶対騙されない」見直し術>  2019.07.23 17:30 公開  日刊大衆
 日本郵政グループ傘下のかんぽ生命が、顧客に不利益となる保険の契約をさせていたという、前代未聞の不祥事が明らかとなった。「6月27日に、かんぽ生命が発表したデータによると、被害件数はおよそ2万4000件。その多くが高齢者でした」(全国紙記者)
 かんぽ生命は、保険の販売を郵便局に委託。地域密着型の利点を生かし、郵便局員が保険のセールスマンも兼ねている。「高齢者を言葉巧みに誘導し、条件の悪い保険へと乗り換えさせたといわれています。まさか顔なじみの郵便局員からだまされるとは、誰も想像しなかったはず。信頼を悪用した許されざる行為です」(ジャーナリスト)
 ただし、かんぽの不正契約は、けっして対岸の火事ではない。ファイナンシャルプランナーの平野敦之氏は、こう警告する。「かんぽに限らず、保険は細かな取り決めから成り立っています。ただ、多くの人にとって、それをすべて把握するのは面倒くさいもの。なので、“よく分からないから、お任せします”となりやすい。結果、内容をよく理解しないまま契約してしまう恐れは十分にあるんです」
 この機会に、現在加入している保険に不利益やムダはないか、検証してみるのも手。そこで今回は、保険の簡単な見直し方を伝授していく。
 前出の平野氏によると、保険の見直しにあたっては、最低限チェックすべき点があるという。「毎月、掛け金を支払っているのに契約内容を忘れた、覚えていないという人は珍しくありません」(平野氏=以下同)
 たとえば、保険料が毎月いくらか、それをいつまで支払うのか。さらには保障の内容、途中で掛け金や保障が変化することはないか、などを再確認する。「保険に入ってからの年数が経過しているほど、加入したときと状況は変わっているはずです。仮に加入時に子どもが幼かった人でも、もう自立しているということであれば、死亡保障などは減らせる可能性があります。またシニア世代であれば、加入時期によっては、今よりも有利な条件の保険に入っている場合もあります」
 保険の内容を確認後、このようにチェックしていけば、自分に今、どんな保険が必要か、見えてくるのだという。保障が増えると、支払う金額も増えるのは必然。本当に必要な保障を明確にすれば、ムダを省くことにつながるというわけだ。
 では、具体的に見直す際のポイントとなるのは、どんな部分なのだろうか? 平野氏は、疾病に関する保障を例に挙げる。「民間の保険に加入する前に、まずは公的な保障が、どれだけあるかチェックしてみましょう。医療費なら現役世代は3割負担ですが、さらに高額療養費制度で負担は軽減されます」
 会社員ならば傷病手当金もあるし、会社によっては個別に保障制度を設けているケースもあるという。「そういった保障で不足する分を、保険でカバーすることを検討してみては」
 確かに、保険に頼らずに受けられる保障があれば、ムダな出費は避けられるだろう。
 これまでの保険を見直してみて、乗り換えや新規の契約をしたいと考える人もいるはず。その際、シニア世代ならではの注意点もあるようだ。「50〜60代になると、1つ年を取るごとに、支払い額や受け取り金が大きく変わってきます。また、健康状態によって保険に加入しにくいこともあります」
■自分の生活環境に合っているかどうか
 それでは実際に保険を選ぶ際、ポイントとなるところは何だろうか。「良い保険、悪い保険をバッサリと仕分けるのは難しい。保険は、自分の“生活環境”に合っているかどうかが重要です」
 会社員か自営業か、既婚か独身か。はたまた妻の収入、子どもの有無や年齢、ローンの残金など、人それぞれで生活の内情は大きく変わる。だからこそ、必要な保険も人によって変わってくるのだ。
「また、保険の見直しは、解約して入り直すだけではありません。既存の保険を、なんらかの形で生かせることもある。それを覚えておいてください」
 さらには、相談する相手も要チェックだ。「自分が扱っている商品と他社の商品を比べて、それぞれの長所・短所を説明してくれるセールスマンは信用できると思います。逆に、いいところしか口にしないセールスマンは、疑ってかかったほうがいいかも」
 最後に、シニア世代が注目すべき保険を、平野氏に聞いてみた。「最近は、24時間態勢で健康相談に乗ってくれたり、セカンドオピニオン先を紹介してくれたりする“医療サービス”が組み込まれた保険が登場しています。さらには、介護保険や今の医療事情に合った保険も出てきている。こういった保険商品は今後、クローズアップされることになると思います」
 今後の生活をイメージして、身に合った保険を!
************************************************************





クリックお願いいたします。m(_ _)m
posted by 隊長 at 16:23| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする