2020年12月21日

コロナ時代は、詐欺時代?

<コロナ便乗詐欺 相談29件 岡山市消費生活センター>  2020年12月07日  山陽新聞DIJITAL
 岡山市は7日、新型コロナウイルスに乗じた詐欺と疑われる相談が市消費生活センターに29件(11月末現在)寄せられていることを明らかにした。
 市議会個人質問で、中原貴美市民生活局長が「水道管のウイルス検査と称した訪問セールスや給付金手続きの代行手数料を請求されたという相談が寄せられている」と答弁した。
 同センターによると、3月に市の委託業者を名乗る男が北区の民家を訪れて「水道管のコロナウイルスの検査をしないか」と住民を勧誘した事例があった。4、5月には「特別定額給付金の代行手続きのため3千円を振り込んでほしい」などと、市民がメールや電話で持ちかけられたケースが相次いだという。ただ、市内では、新型コロナ関連の詐欺で実際に被害に遭った事例は確認されていない。相談件数は4月の11件をピークに減少している。
 同センターは「少しでも怪しいと思ったら相談してほしい」と呼び掛けている。
************************************************************
👀 世の中にコロナが蔓延すれば、それを詐欺に利用する輩が跋扈します。
やはり、注意力や理解力が低下している方も多いので、高齢者は格好の餌食とされることでしょう。
直近の話題を絡めてもっともらしい話をされれば、高齢者をダマすことは、容易いことです。
そのうえ、高齢者だけの世帯も多く、コロナもありますので、家族はあまり高齢者を訪問することもできません・・・
まさに、高齢者を対象とした詐欺を行うのに適した環境が、コロナによって出来上がってしまいました。
高齢な親を持つご家族にとっては、心配の絶えない時代ですね。
防犯カメラやスマホアプリ、迷惑(詐欺)電話防止機能…etcといった対策を、できるものから取り入れることも重要です。
また、詐欺の起点となりがちな「固定電話を解約する」といったことも考えていきましょう。
一部の国では、ワクチンもいよいよ接種が始まりましたが、コロナ終息まで、ダマされない為の戦いを続けざるを得ませんね!


************************************************************
<新型コロナ拡大の便乗詐欺が大流行!高齢者を孤立させない社会が詐欺被害を防ぐ>  2020/04/21 みんなの介護
・新型コロナ便乗詐欺が1万件以上発生
新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、詐欺被害が増加しています。2020年4月8日の中日新聞の報道によれば、便乗詐欺に対する相談が全国の消費生活センターに1万件以上寄せられているとのことです。
還付金詐欺のように「お金が給付される」と語り、だまし取ろうとするものや、現在不足が続いているマスクを買えるとするなど、さまざまな方法があるようです。
これらの詐欺は、従来の「振り込め詐欺」をはじめとした特殊詐欺と同じように、高齢者がだまされてしまう可能性が高いとされています。
こうした流れを受けて、認知症で介護サービスを受けている利用者やその家族が組織している公営社団法人「認知症の人と家族の会」では、「新型コロナウイルスを口実とした消費者トラブル事例」という記事を公式サイトに投稿。現在流行しつつある便乗詐欺について、注意を呼び掛けています。
・「新型コロナウイルスで困っているのですぐにお金を返してほしい」
国民生活センターでは新型コロナウイルスの流行に便乗した詐欺について、さまざまなケースを紹介しています。
中でも多いとされているのは、なりすましです。「保健所に依頼された」と名乗る業者が家を訪問し、本来50万円だとする新型コロナウイルスの検査薬を10万円で売りつけようとするケースや、市町村などの行政を名乗り、新型コロナウイルスの対策として個人情報を聞き出すケースが報告されています。
ほかにも、品薄が続いているマスクについて、偽サイトで販売するように見せかけ、サイトに入力された個人情報や、クレジットカードの情報を不正に入手しようとするケースもあるようです。
また、家族を名乗り、「会社の上司が新型コロナウイルスで困っているので、代わりにお金を返してほしい」と持ち掛けるなど、オレオレ詐欺の手法に新型コロナウイルスを絡ませるような例も存在しています。
出典:『新型コロナウイルスを口実にした消費者トラブル』(国民生活センター)を元に作成 2020年04月21日更新
こうした詐欺のほかにも、3月には「政府が4月1日に緊急事態宣言に踏み切る」との憶測がネットを中心に流布され、政府が同月30日に否定したという一件もありました
かつてない規模の感染症の拡大に、多くの人々が混乱している状況にあります。そして、それに便乗するような形で、詐欺が横行している状況なのです。

・詐欺被害に「遭わないと思う」人が8割以上
詐欺がなくならない背景には防犯意識の薄さ
こうした特殊詐欺は、さまざまな手口を用いてきます。それに加えて被害者を増やす大きな要因となっているのが、被害者側の防犯意識の低さです。
2017年に内閣府による『「特殊詐欺に関する世論調査」の概要』という資料によれば、特殊詐欺の手口の調査をしたところ、オレオレ詐欺の97.8%を筆頭にいずれも高い認知度となっていました。
しかし、「自分が特殊詐欺の被害に遭うと思うか」との質問には「遭わないと思う」が39.6%、「どちらかといえば遭わないと思う」が41.1%。合わせて80.7%となり、実に8割以上の人が、自分は特殊詐欺にだまされないと考えていることが判明したのです。
出典:『「特殊詐欺に関する世論調査」の概要』(内閣府)を元に作成 2020年04月21日更新
さらに、特殊詐欺のメインターゲット層となる70歳以上の高齢者では、この割合が81.4%と平均よりも高く、そのうちの23.9%が、特殊詐欺への対策を何も行っていないことが明らかとなりました。
こうした根拠のない自信によって、対策を取らない人が多くいることは、懸念すべき点の一つでしょう。

・東日本大震災の際にも便乗詐欺が横行
非常事態に消費者トラブルが多く発生する事態は、今回が初めてではありません。2011年3月11日に発生した東日本大震災の際にも、事例の報告が相次ぎました。
国民生活センターが公表しているデータによれば、同年の3月27日から7月29日までの期間で、被災地域から寄せられた相談件数が919件。この際、「工事や補修などを依頼した業者から見積もりよりも多額の料金を請求された、予定通り工事を行わない」など、工事や建築に関する相談が最多となりました。
ほかにも、訪問してきた業者に押し売りのような形で修理を依頼するよう勧誘された例や、お墓の修理の見積もりを頼んだ業者が了承を得る前に修理を行い、請求書が送られてきた事例も確認されています。
また、「震災で困っている」という文章を添え、出会い系サイトに誘導するメールや、放射能を体外に排出する水を販売するサイトなど、震災に便乗した詐欺行為も、多くの相談が寄せられました。
こうした事例は、1995年に発生した阪神・淡路大震災のときにも同様に報告されています。国民生活センターは両者を比較した場合、通信手段や社会の環境が変わったことで、東日本大震災のときの方がより広範囲から相談が寄せられたと分析しています。
東日本大震災のときよりさらに通信環境が発達した現在は、さらに注意が必要でしょう。
・過信せず正しい情報を見極めて!
怪しいと思ったらすぐに相談窓口へ電話する
特殊詐欺や消費者トラブルに高齢者が遭わないためには、自分も被害者になる可能性があることを念頭に置いて行動することです。
警察庁が発表したデータによれば、特殊詐欺の被害者たちがだまされたタイミングで最も多かったのは相手との電話中で70.3%となっています。電話の内容をすぐに信用せず、詐欺の可能性を疑うことも大切です。
また、還付金詐欺などに代表されるように、お金が振り込まれる、あるいは何らかの徳を得るという触れ込みでお金を振り込ませようとする話には、注意する必要があります。
また、あらかじめこうした詐欺の対策について、家族や知人など、周囲の人と話しあっておくことも必要でしょう。
政府もこうした特殊詐欺の防止策について、政府広報オンラインで『やらなくちゃ!防サギ』という特集を組み、以下のような対策をするよう呼び掛けています。
出典:『やらなくちゃ!防サギ』(政府広報オンライン)を元に作成 2020年04月21日更新
過剰な自信を持つことなく、こうした対策を徹底することが、特殊詐欺の被害に遭わないために必要です。
・高齢者を孤立させさないことも重要
とはいえ、どんなに高齢者自身が気をつけても、変化に応じて手法を変える特殊詐欺の危険に晒されてしまうことはあります。こうしたときに必要なのが、周囲や地域社会のサポートです。
高齢者が社会的に孤立してしまうと、詐欺の手口の情報を得ることができなくなるほか、実際に被害に遭いそうになったとしても、周囲に相談することもできません。
また、もし被害に遭った高齢者に対して、本人の不注意を責めるような視点で高齢者に接してしまうと、より孤立心を深めてしまいかねません。
家族や近隣の住民など高齢者の周囲にいる人が、常にその様子に気をかけ、わずかな変化でも見逃さないようにすることが大切です。そうすることで、未然に高齢者が特殊詐欺の被害に遭うことを防いでくれます。
また、住民だけではなく、行政や金融機関、自治会など、高齢者との繫がりを持つ多くの組織が高齢者を特殊詐欺の被害から守れるようにサポートすることも必要です。
それぞれの立場から高齢者の見守りを実施し、情報を交換するネットワークを構築することが、より強固な特殊詐欺への対策となります。地域コミュニティの力によって高齢者を特殊詐欺から守る姿勢が大切なのです。
************************************************************






クリックお願いいたします。m(_ _)m
posted by 隊長 at 11:47| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

残念ながら老いると知能は衰えることを正しく認識しておくことが「ダマされない」ためには必要です!

<健康・体力づくり事業財団 HP>
chinoukarei.png
************************************************************
<27歳から知能が衰えてくることが研究で明らかに>           2009年03月17日 GIGAZINE
一般的に年を取ると老化で若いときよりも知能が落ちてきてしまうと言われますが、正確には27歳から知能が低下してくることが研究で明らかになったそうです。知能といっても記憶力や判断能力などさまざまの項目がありますが、ある項目が27歳ころから低下し始めている事が研究で判明したとのこと。
では、27歳から低下し始めているのは何なのか見てみましょう。
詳細は以下より。
Old age begins at 27 as mental powers start to decline, scientists find - Telegraph
アメリカ・バージニア大学の研究によると、22歳で知能のピークを迎え、27歳から知能が低下していくことが分かったそうです。
7年間かけて、18歳から60歳までの男女2000人に知力・痴呆・精神障害を分析するテストを行ったところ、最も高得点を獲得した人たちの平均年齢は22歳だったそうです。
一方、27歳になると推理力・思考速度・空間の具現化の3つの項目が著しく低下し始めていることが研究で明らかになったとのこと。また、37歳から記憶力が低下し、ほかの項目に関しても42歳にはすべての項目に低下の兆候が見られたそうです。ただしボキャブラリーや一般的な情報などは60歳まで蓄積され続けることが判明したとのこと。
この結果を受けTimothy Salthouse教授は、年金をもらう年齢から痴呆の予防策を始めても遅く、かなり早い段階から痴呆の予防策をとっておいた方がいいのではないかと提唱しているそうです。
************************************************************
目高齢化社会になり、元気なお年寄りも増え、世の中には高齢者にやる気・安心を与えるような言葉にあふれています〜
「六十、七十などハナタレ小僧・・・」
「高齢になってもアクティブに・・・」
「定年後こそ新たな人生、新しいことを・・・、第二の人生・・・」
「定年後は資産運用を始めましょう・・・」
〜これらは、高齢になっても老け込まず、楽しい人生を送るために一般論としては良いと思いますが・・・
もう一つこのような言葉が氾濫する背景には、高齢化社会となり高齢者を顧客とせざるを得ない様々な業界の思惑も大きく作用していることも知っておきましょう。
高齢者が昔のように〜
「もう歳だから・・・」
「こんな年から新しいことは・・・」
「もうそんな年では・・・」
〜等と言って、色々な商品を取引してもらえなければ、商売あがったりになってしまいます。

<平均寿命は延びても、高齢になって衰えなくなったわけではないことは、殆ど伝えられ無い現実>
あまり老化を深刻に自覚していない60代位までは高齢者自身、平均寿命が伸びたので「人生八十年時代!」と、あたかも誰もが80歳近くまで、衰え知らずにピンピンしているかのような認識を持ってしまいがちです。
しかし残念ながらそんなことはないのです。
上記に引用した記事にもあるように、いかに平均寿命が延びようとも、みんなが80代までシッカリとしているわけではありません。
特に、「新しいものを学習したり覚えたりする」ような、それまでの経験が役に立たない能力については、30歳代にピークに達したあと60代以降は急速に低下してしまうのです。

 当然、個々人によりその衰えには個人差があるとはいうものの・・・
医学的・統計的な事実として、正しく(厳粛に)認識し、老後の生活設計に役立てないといけません。
このような事実を、正しく認識しておけば、高齢になって新しいことに挑戦するのは、あくまで「趣味的なこと」に留め、「投資・不動産といった生活を大きく左右するようなことには手を出さない」といった正しい人生設計ができるはずです。
金融機関などは、それまで投資などしたことの無かった人に「退職金の運用を・・・」などと言って、金融商品取引に引きずり込みますが・・・
いかにその高齢者にとって危険な選択を迫っていることか理解できるでしょう。

 しかし、せっかく医学や研究調査などで知見が進んでも、その成果が正しく普及しないことは、ありがちです。
どうしても一般的に「マイナスな印象の情報」や「商売にならない(マイナス)な情報」は、ニーズもなく、積極的に取り上げられ無いものです。
逆に「プラスな印象な情報」や「商売にプラスな情報」は、本当は一般的でなく特殊なケースであっったとしても、あたかもそれが普通のことであるかのように報じられるものです。
「老人は知能のすべての面で若いころに較べれば、格段に能力が落ちている。」といった事実を述べることさえ、下手をすると“老人差別”等と言われかねませんから・・・つい「老人でも出来ます・・・。老人こそ・・・。」等と事実と異なることを言ってお茶を濁してしまいます。

高齢者に関する情報全般には、このような傾向が顕著ですが・・・
他に似た事例を挙げておくとしたら、それは「高齢出産」にかんする情報が挙げられるでしょう。
高齢出産に関しての情報は、やはり〜
「△さんが40代後半で出産・・・」
「50代でも産めた・・・」
「不妊治療の進歩・・・」
〜等といった話題が取り上げられることが多く、なんとなく「40代になってからでも大丈夫!」といった雰囲気が、世の中全般に醸し出されてしまいます。
しかしながら、女性の妊娠は30代半ばから急激に難しくなり、40代以降は妊娠する方がレアといった現実は、あまり取り上げられません。
そのような事実を正しく認識していれば、しないで済んだ後悔をしている人が後を絶たない点でこの問題も「高齢者の能力の衰え」の問題とまったく同じでしょう。

<結論>
つらいことではありますが、「老人になっても若い頃と変わらない・・・」というのは、目標や願望として心に秘めるのはいいかもしれませんが、十中八九そんなことにはならない現実を正しく認識して、老後に臨むようにしないと、そもそもの立脚点が間違っているので、「ダマされる」根本原因になりますよ。



クリックお願いいたします。m(_ _)m



posted by 隊長 at 16:28| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

<ガス点検装う強盗容疑で2人逮捕 計12人に 同グループか 警視庁>  

<「ガス点検」装う強盗続出 世田谷の高級住宅街でも...>   2020年9月23日 FNNプライムオンライン
多くのパトカーと救急車が駆けつけたのは、東京・世田谷区にある高級住宅街。
22日夕方、80代の夫婦が住む家に男2人が侵入し、現金6万5,000円などを奪って逃走した。
男2人は「ガス点検に来ました」とガスの点検を装って夫婦宅に侵入。
その後、「殺すぞ」、「金はどこだ」などと脅し、家にあった粘着テープで両手足を縛り、現金などを奪って逃走した。
ガスの点検を装った事件が、今相次いで起きている。
8月20日には、千葉・県松戸市で「ガスを見せて」とガスの検査員を装った男が、80代の男性宅に侵入し現金2万円などを強奪。
この時も、被害者は粘着テープで手足を縛られた。
犯行グループは男3人組。
犯行時の指示役と実行犯に分かれて犯行に及び、9月に指示役の菅原一哉容疑者(24)と実行犯の外川正明容疑者(22)の2人が逮捕された。
外川容疑者は「生活費のためにやった」と供述している。
点検を装う強盗事件は、8月から千葉県で1件、神奈川県で4件、東京都で2件と少なくとも7件確認されている。
いずれも、60代以上の高齢者がいる家を狙っての犯行。
警察当局は、手口を真似た複数のグループによる犯行とみて捜査している。
高齢の人を狙っての事件ということだが、このガス点検を装った強盗をどう見分ければいいのか。
ピンポンと鳴って『ガスの点検ですよ』と言われると、思わずドアを開けてしまいそうになるが、その辺りを東京ガスにくわしく聞いた。
東京ガスによると、“いきなりガスの点検に行くことは絶対にない”という。
ただ、事前にアポ電があった事件もある。
8月に起きた千葉・松戸市の例だが、犯行前に電話があって「お金はありますか」と聞かれたという。
これは警察を名乗るケースだったが、今後ガスの点検会社を名乗る例が出てこないとは限らない。
では、実際にガスの点検、本物は一体どのように行われているか。
まず、“事前に電話で資産状況は絶対に聞かない”。
そして、事前に「ガスの点検をしますよ」といったような“予定日や時間帯を書いた紙を配布”する。
電話ではない。
そのため、「いきなりガス点検に行くことはないので絶対に対応しないでください」という。
万が一「不審だな、何か怪しいな」と思った場合は、身分証の提示をお願いするか、東京ガスお客様センター(0570ー002211)に電話をしてもいいという。
************************************************************
<ガス点検装う強盗容疑で2人逮捕 計12人に 同グループか 警視庁>  2020年11月16日 NHK
ガスの点検を装って東京 足立区の集合住宅の部屋に押し入り、現金などを奪ったとして、20代の男2人が逮捕されました。都内で起きた同じような手口の事件で、逮捕されたのは合わせて12人となり、警視庁は同じグループが関わっているとみて捜査しています。
逮捕されたのは、千葉県松戸市の無職、曽我工容疑者(28)と、神奈川県綾瀬市の自営業、雲居嗣芳容疑者(26)です。
警視庁によりますと、ことし9月、ガスの点検を装って足立区の集合住宅の部屋に押し入り、72歳の男性の手足を粘着テープで縛るなどしたうえ、現金およそ30万円とキャッシュカードを奪ったとして強盗などの疑いが持たれています。
調べに対し曽我容疑者は黙秘していますが、雲居容疑者は容疑を認め「SNSの闇バイトに応募し、『赤坂』という人物の指示でやった」と供述しているということです。
2人のうち曽我容疑者は、前日に世田谷区で起きた同じ手口の事件でも逮捕・起訴されていました。
東京や千葉、神奈川では同じような手口の事件が10件以上相次いでいますが、逮捕されたのはこれで合わせて12人となり、警視庁は「赤坂」などと名乗る人物を中心とする、同じグループが関わっているとみて捜査しています。
************************************************************
👀 オレオレ詐欺も大いに困りますが、上記の記事のような、昨今のより暴力的・直接的な手口の犯罪は、高齢者(及びその家族)にとって震え上がるような犯罪ですね。
このような犯罪が増加していくようなら、もはや高齢者の一人暮らしや高齢者だけの世帯という暮らし方自体が危険極まりなくなってしまいます。
犯罪がここまで直接的で暴力的になってくると、オレオレ詐欺が“牧歌的”にさえ思えてきますね。
高齢者自身や高齢者を持つ家族にとっては、このような手口の犯罪を防止することは喫緊の課題でありますが・・・
オレオレ詐欺のような手口以上に、なかなか対処が難しい犯罪でもあります。

 このような状況がより深刻になるようであれば、「認知症高齢者を含め、高齢者は施設ではなく出来るだけ最後まで自宅で・・・」といった高齢化社会の基本方針も絵空事になってしまうでしょう。
一人暮らし高齢者や高齢者だけの世帯をターゲットにした犯罪の在り様は、新たなフェーズに入ったと言えるでしょう。
一人暮らし高齢者や高齢者だけの世帯の高齢者の家族は、効果的とは言いかねますが・・・
それでも、「防犯カメラの設置」や「防犯アプリの導入」など現状で出来ることをやっていかなければならない時代になったことは確かです。




クリックお願いいたします。m(_ _)m
posted by 隊長 at 13:56| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする