2021年02月10日

こうして信託銀行に籠絡される(父のケースB) 

👀 N証券M支店にダマされ多額の投信・ファンドラップに投資させられた父ですが、同じ頃、M信託銀行にも籠絡されておりました。
金融機関にダマされない為の実例として、皆様の何かの参考になるかもしれませんので、そのエピソードについて取り上げたいと思います。

<M信託銀行での打合せ>
打合せ前の一時払い生保の押し売りもバタバタと終わり、ようやく打合せに入ることになりました。
初めに支店長や担当営業の上司といった人の紹介やご挨拶が終わり・・・
実際の話し合いは、信託銀行からは、父の担当営業(女性)と遺言業務の専門担当者(女性)が参加しました。
そして、父の希望をヒアリングして作成したという相続案につき説明を受けました。
提示された案は、想像していたよりもずっとおざなりで表面的な内容であり、まだ信託銀行というものに多少期待をしていた私は、正直ガッカリしました。
(生前の受益や父の死後の家族それぞれの生活などに対する深慮がなされた様子は無し。)
「父の希望・・・」ということを説明の端々に入れて、納得させようとしていますが・・・
今思えば、そもそもボケた父が相続について体系立てて考えられるワケもなく、信託銀行の担当に〜
「○○は、こんなもの如何ですか?」
「はいはい!」
「それでは、これで・・・」
〜といった感じに誘導尋問のように相続案が作られたいったのであろうことは容易に想像できました。
相続案では母への相続の内、かなりの部分を「信託」を設定するという案になっていました。
母も大病を経て父より心身は衰えていますので、父の死後を思えば、全く意味が無いとは思いませんが・・・
高い信託報酬を取られ、利回りも悪いことを考えると本当に必要なのかは大いに疑問でした。
やはり「信託銀行に遺言作成を依頼すると信託設定ありきで進むことになるのだな!」という結果で、明らかに自行の利益を優先した案を、さも父が望んでいるかのように仕立て上げたとしか考えられない代物でした。

 相続案の説明が終わり、「ご家族としてはどうでしょう?」と意見を求められましたので・・・
当家の場合、父には障害のある子がおり、相続を真剣に考えるなら「特定贈与信託」の利用を考慮することが重要なのですが、そこに全く触れられていないことについて担当者に聞いてみました。
〜相続案を作る調査段階で「特定贈与信託」を利用できる家族がいることは、調査済みであるに違いないのになぜ全く言及が無いのか?本当に不思議でしたから〜

 私は、きっと信託銀行のような専門家に頼めば(高い報酬払うワケですし)相続に当たって、最も適切で有利な案をイロイロ考えて提案してくれて、当家において大事な課題である「特定贈与信託」についても精査し、被相続人(父)に利用を奨めてくれたりするものだと思っていました。

しかし残念ながら、担当営業は、そんな面倒なことには、手を出したくないようでした。
その上、行員と対話する内に「特定贈与信託」に積極的でないもう一つ別な理由が醸し出されてきました。
「特定贈与信託」は、M信託銀行の中では(取り扱いも少ないので)本店の専任の部署の管轄であるとのことでした。
(イコール=支店の管轄ではない為、支店の営業成績にならないということです。)
つまり、「本人にその気が無い」等イロイロ理由付けはしていましたが・・・
せっかく遺言案件を担当したのに、自分の(支店の)成績にもならない手法で、成績が下がってしまうようなことはしたくないという雰囲気がアリアリでした。

 結局、この打合せの後、特に大きな変更もなく父の遺言は作成されていくことになりました。
この時点では、相当トンチンカンになってきているとは思いながら、まだ父が認知症だとは思ってもいなかった私は〜
「信託銀行の営業に丸め込まれて、高い金出さされた上に、大した知恵もない遺言を作らされてるな!」
「困ったものだ!」
〜とは思いながらも、それ以上のアプローチは取れずじまいでした。
結局、3月に公正証書遺言は出来上がり、公証役場で認証を貰い、副本を父も受領しました。
4月になって父がN証券にダマされて、頻繁に父のところに行く様になってから、この遺言が作成完了していたことを知ると同時に・・・もうその頃には父は遺言作ったこと自体も忘れ、遺言書の本人用副本も、信託銀行に副本預けた預かり証も失くしていることも分かりました。
(それまでは、私は遺言作成について本人からも信託銀行からも話にも出ないので、まだ作成段階だと思っていました。)

<振り返ってみると・・・>
 ここに至るまでは、何とか金融機関に大きくダマされることなく過ごしてきた父でしたが・・・
父がM信託銀行に遺言作成させら始めていた頃(12月〜1月)には、
N証券にもダマされ始めていたわけです。(私も気付きダマされたのが表面化したのは、4月以降ですが販売の起点はこの頃) 
どちらの金融機関も父の理解力・判断力の如実な低下を機に、自分たちに都合の良い方向へ籠絡を始めていたことが分かります。
全く油断も隙もない話です。
その後、私もいよいよ父が明らかにおかしい事に気付き、8月に何とか父を病院に連れて行き「認知症である」と診断されることになります。
今になって振り返ってみると、当然、M信託やN証券に籠絡されていた頃も認知症であったことは明らかで、気付くのが遅すぎました。

〜つづく〜


blogramのブログランキング

クリックお願いいたします。m(_ _)m
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: