2020年06月26日

<「認知症のおそれがある」判定の高齢者、65%免許返上> →高齢ドライバーの家族はご用心!

<「認知症のおそれがある」判定の高齢者、65%免許返上>    朝日新聞DIJITAL  2019年5月22日
 認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判定された75歳以上のドライバーのうち、最終的に医師に認知症と診断され運転免許証が取り消し・停止になったのは昨年、5・0%にあたる1932人だった。ほかに、判定後に自主返納したり更新せず失効させたりした人を含めると、65・1%が免許の継続を断念していた。警察庁が21日、状況をまとめた。
 認知機能検査では、「認知症のおそれがある」第1分類、「認知機能低下のおそれがある」第2分類、「低下のおそれがない」第3分類のどれかに判定される。高齢ドライバーによる交通事故の対策として、認知機能検査を強化する改正道路交通法が2017年3月に施行した。従来、75歳以上の人は免許更新時に検査を受けていたが、一時不停止や信号無視、逆走など一定の違反をした人にも臨時の検査が義務づけられた。
 18年は約216万5千人が検査を受け、2・5%の約5万4千人が第1分類と判定されている。
 警察庁は、第1分類と判定された人(17〜18年)で18年1年間に免許の扱いが決まった3万9025人の処分結果をまとめた。それによると、1932人が取り消し・停止となったほか、45・5%の1万7775人が自主返納、14・6%の5706人が失効させた。
************************************************************
👀 2017年3月から道交法が改正され、従前より免許更新時の高齢者認知機能チェックが厳しくなりました。
上記の記事では法改正後、2年での変化を取り上げています。
私も自分の親の高齢運転問題に直面する前であれば、このようなニュースを聞いたら〜
「お上もいろいろ考えて手を打っているいるね・・・」
「これで親が高齢になっても運転免許に関しては、問題ないね・・・」
〜などと、気楽に考えていたことでしょう。

 しかしながら、実際に高齢の親の運転(免許)のことで現実的な不安を抱えているご家族は、今回の道交法改正での結果を妄信せず、自分の親の高齢運転問題への対処について十分留意しておくことが肝要です。

もう少し具体的に、分かり易く言うと〜
「ウチの親も認知症という診断も出たし、次の免許更新時の高齢者認知機能チェックではキット免許取消になるわね・・・」
〜と思い込まないことです。
期待通りになるかもしれませんが、ならない可能性が圧倒的に高いですから!

 まず第一に、上記の記事にもあるように〜
「 18年は約216万5千人が検査を受け、2・5%の約5万4千人が第1分類と判定されている。
 警察庁は、第1分類と判定された人(17〜18年)で18年1年間に免許の扱いが決まった3万9025人の処分結果をまとめた。それによると、1932人が取り消し・停止となったほか、45・5%の1万7775人が自主返納、14・6%の5706人が失効させた。」
〜つまり、5万4千人/216万5千人 ≒ 2.5%  75歳以上の免許更新者と考えると・・・そもそも「2.5%」しか第1分類になりません。実際、更新できない人はごく僅かです。
(巷間では、65歳以上でも「7人に1人は認知症(約14%)」と言われているのに・・・)
あなたの親御さんが”認知症”と診断が出ていても、よほど認知症が悪化していない限り「第一分類」にならないと思っておいた方が良いと思います。
認知機能チェックが厳しくなったとはいえ・・・75歳以上の免許更新者の「97.5%」(100-2.5%)は、問題なく免許更新できるということは覚えておきましょう!
 もし、親御さんが認知症の診断を受けていて、免許更新を運転をやめさせるキッカケにしたいなら、75歳以上の免許更新時認知機能チェックに過剰な期待をしてはいけません。
警察や免許試験場と相談をして確実に更新できない対策をとることをお勧めします。
そうでないと「認知症だから年許更新は出来ないだろう」と希望的観測で考えているとかなりの確率で「更新」出来てしまいます。
更新できてしまうと・・・高齢の親にとっては「まだ、お上も運転して良い!と言ってくれとる!!」とお墨付きをもらって、意気軒高になってしまいます。

そして第二として、上記の記事にもあるように〜
判定後、医師の診断前に免許を自主返納した人は1万6115人、更新せずに免許が失効した人は5706人に過ぎません。
また、医師の診断を受けて、認知症と診断された1932人が免許取り消し・免許停止となりました。

<まとめ>
※75歳以上のドライバーが免許更新に行く(216万5千人) 
    ↓
 97.5%(ほとんどの人は更新) 

    
 0.09%=1932人が「取り消し・停止」 ・・・ほとんど宝くじですね!

 医師の診断前に免許を自主返納した人は1万6115人(0.74%)。 
 更新せずに免許が失効した人は5706人(0.26%)。 ・・・家族が老人を必死に説得する姿が目に浮かびます!


👀 実際に高齢の親の運転(免許)のことで現実的な不安を抱えているご家族は、2017年の道交法改正で75歳以上の高齢者の免許更新は従前よりはだいぶチェックが厳しくなりましたが・・・
その対象となるのは、ごくごく限られた層であることは認識しておきましょう!
繰り返しになりますが、親御さんなどの運転免許の更新を機に確実な対処をしたい場合、事前に警察と綿密な相談をされることをお勧めします。
「ウチの親は認知症だから次の運転免許更新はされないわ・・・」などと希望的な観測だけで何の対処もしないでいると、更新できてしまった場合(上記のように認知症患者を含め、ほとんどの老人が更新になります!)
高齢者本人にとっては、逆に「運転すること」に対する「お上のお赦し」「免罪符」となってしまいます。
そして、その後の対応に苦慮することになりかねません!




クリックお願いいたします。m(_ _)m



posted by 隊長 at 15:55| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: