2020年11月25日

残念ながら老いると知能は衰えることを正しく認識しておくことが「ダマされない」ためには必要です!

<健康・体力づくり事業財団 HP>
chinoukarei.png
************************************************************
<27歳から知能が衰えてくることが研究で明らかに>           2009年03月17日 GIGAZINE
一般的に年を取ると老化で若いときよりも知能が落ちてきてしまうと言われますが、正確には27歳から知能が低下してくることが研究で明らかになったそうです。知能といっても記憶力や判断能力などさまざまの項目がありますが、ある項目が27歳ころから低下し始めている事が研究で判明したとのこと。
では、27歳から低下し始めているのは何なのか見てみましょう。
詳細は以下より。
Old age begins at 27 as mental powers start to decline, scientists find - Telegraph
アメリカ・バージニア大学の研究によると、22歳で知能のピークを迎え、27歳から知能が低下していくことが分かったそうです。
7年間かけて、18歳から60歳までの男女2000人に知力・痴呆・精神障害を分析するテストを行ったところ、最も高得点を獲得した人たちの平均年齢は22歳だったそうです。
一方、27歳になると推理力・思考速度・空間の具現化の3つの項目が著しく低下し始めていることが研究で明らかになったとのこと。また、37歳から記憶力が低下し、ほかの項目に関しても42歳にはすべての項目に低下の兆候が見られたそうです。ただしボキャブラリーや一般的な情報などは60歳まで蓄積され続けることが判明したとのこと。
この結果を受けTimothy Salthouse教授は、年金をもらう年齢から痴呆の予防策を始めても遅く、かなり早い段階から痴呆の予防策をとっておいた方がいいのではないかと提唱しているそうです。
************************************************************
目高齢化社会になり、元気なお年寄りも増え、世の中には高齢者にやる気・安心を与えるような言葉にあふれています〜
「六十、七十などハナタレ小僧・・・」
「高齢になってもアクティブに・・・」
「定年後こそ新たな人生、新しいことを・・・、第二の人生・・・」
「定年後は資産運用を始めましょう・・・」
〜これらは、高齢になっても老け込まず、楽しい人生を送るために一般論としては良いと思いますが・・・
もう一つこのような言葉が氾濫する背景には、高齢化社会となり高齢者を顧客とせざるを得ない様々な業界の思惑も大きく作用していることも知っておきましょう。
高齢者が昔のように〜
「もう歳だから・・・」
「こんな年から新しいことは・・・」
「もうそんな年では・・・」
〜等と言って、色々な商品を取引してもらえなければ、商売あがったりになってしまいます。

<平均寿命は延びても、高齢になって衰えなくなったわけではないことは、殆ど伝えられ無い現実>
あまり老化を深刻に自覚していない60代位までは高齢者自身、平均寿命が伸びたので「人生八十年時代!」と、あたかも誰もが80歳近くまで、衰え知らずにピンピンしているかのような認識を持ってしまいがちです。
しかし残念ながらそんなことはないのです。
上記に引用した記事にもあるように、いかに平均寿命が延びようとも、みんなが80代までシッカリとしているわけではありません。
特に、「新しいものを学習したり覚えたりする」ような、それまでの経験が役に立たない能力については、30歳代にピークに達したあと60代以降は急速に低下してしまうのです。

 当然、個々人によりその衰えには個人差があるとはいうものの・・・
医学的・統計的な事実として、正しく(厳粛に)認識し、老後の生活設計に役立てないといけません。
このような事実を、正しく認識しておけば、高齢になって新しいことに挑戦するのは、あくまで「趣味的なこと」に留め、「投資・不動産といった生活を大きく左右するようなことには手を出さない」といった正しい人生設計ができるはずです。
金融機関などは、それまで投資などしたことの無かった人に「退職金の運用を・・・」などと言って、金融商品取引に引きずり込みますが・・・
いかにその高齢者にとって危険な選択を迫っていることか理解できるでしょう。

 しかし、せっかく医学や研究調査などで知見が進んでも、その成果が正しく普及しないことは、ありがちです。
どうしても一般的に「マイナスな印象の情報」や「商売にならない(マイナス)な情報」は、ニーズもなく、積極的に取り上げられ無いものです。
逆に「プラスな印象な情報」や「商売にプラスな情報」は、本当は一般的でなく特殊なケースであっったとしても、あたかもそれが普通のことであるかのように報じられるものです。
「老人は知能のすべての面で若いころに較べれば、格段に能力が落ちている。」といった事実を述べることさえ、下手をすると“老人差別”等と言われかねませんから・・・つい「老人でも出来ます・・・。老人こそ・・・。」等と事実と異なることを言ってお茶を濁してしまいます。

高齢者に関する情報全般には、このような傾向が顕著ですが・・・
他に似た事例を挙げておくとしたら、それは「高齢出産」にかんする情報が挙げられるでしょう。
高齢出産に関しての情報は、やはり〜
「△さんが40代後半で出産・・・」
「50代でも産めた・・・」
「不妊治療の進歩・・・」
〜等といった話題が取り上げられることが多く、なんとなく「40代になってからでも大丈夫!」といった雰囲気が、世の中全般に醸し出されてしまいます。
しかしながら、女性の妊娠は30代半ばから急激に難しくなり、40代以降は妊娠する方がレアといった現実は、あまり取り上げられません。
そのような事実を正しく認識していれば、しないで済んだ後悔をしている人が後を絶たない点でこの問題も「高齢者の能力の衰え」の問題とまったく同じでしょう。

<結論>
つらいことではありますが、「老人になっても若い頃と変わらない・・・」というのは、目標や願望として心に秘めるのはいいかもしれませんが、十中八九そんなことにはならない現実を正しく認識して、老後に臨むようにしないと、そもそもの立脚点が間違っているので、「ダマされる」根本原因になりますよ。



クリックお願いいたします。m(_ _)m



posted by 隊長 at 16:28| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

<ガス点検装う強盗容疑で2人逮捕 計12人に 同グループか 警視庁>  

<「ガス点検」装う強盗続出 世田谷の高級住宅街でも...>   2020年9月23日 FNNプライムオンライン
多くのパトカーと救急車が駆けつけたのは、東京・世田谷区にある高級住宅街。
22日夕方、80代の夫婦が住む家に男2人が侵入し、現金6万5,000円などを奪って逃走した。
男2人は「ガス点検に来ました」とガスの点検を装って夫婦宅に侵入。
その後、「殺すぞ」、「金はどこだ」などと脅し、家にあった粘着テープで両手足を縛り、現金などを奪って逃走した。
ガスの点検を装った事件が、今相次いで起きている。
8月20日には、千葉・県松戸市で「ガスを見せて」とガスの検査員を装った男が、80代の男性宅に侵入し現金2万円などを強奪。
この時も、被害者は粘着テープで手足を縛られた。
犯行グループは男3人組。
犯行時の指示役と実行犯に分かれて犯行に及び、9月に指示役の菅原一哉容疑者(24)と実行犯の外川正明容疑者(22)の2人が逮捕された。
外川容疑者は「生活費のためにやった」と供述している。
点検を装う強盗事件は、8月から千葉県で1件、神奈川県で4件、東京都で2件と少なくとも7件確認されている。
いずれも、60代以上の高齢者がいる家を狙っての犯行。
警察当局は、手口を真似た複数のグループによる犯行とみて捜査している。
高齢の人を狙っての事件ということだが、このガス点検を装った強盗をどう見分ければいいのか。
ピンポンと鳴って『ガスの点検ですよ』と言われると、思わずドアを開けてしまいそうになるが、その辺りを東京ガスにくわしく聞いた。
東京ガスによると、“いきなりガスの点検に行くことは絶対にない”という。
ただ、事前にアポ電があった事件もある。
8月に起きた千葉・松戸市の例だが、犯行前に電話があって「お金はありますか」と聞かれたという。
これは警察を名乗るケースだったが、今後ガスの点検会社を名乗る例が出てこないとは限らない。
では、実際にガスの点検、本物は一体どのように行われているか。
まず、“事前に電話で資産状況は絶対に聞かない”。
そして、事前に「ガスの点検をしますよ」といったような“予定日や時間帯を書いた紙を配布”する。
電話ではない。
そのため、「いきなりガス点検に行くことはないので絶対に対応しないでください」という。
万が一「不審だな、何か怪しいな」と思った場合は、身分証の提示をお願いするか、東京ガスお客様センター(0570ー002211)に電話をしてもいいという。
************************************************************
<ガス点検装う強盗容疑で2人逮捕 計12人に 同グループか 警視庁>  2020年11月16日 NHK
ガスの点検を装って東京 足立区の集合住宅の部屋に押し入り、現金などを奪ったとして、20代の男2人が逮捕されました。都内で起きた同じような手口の事件で、逮捕されたのは合わせて12人となり、警視庁は同じグループが関わっているとみて捜査しています。
逮捕されたのは、千葉県松戸市の無職、曽我工容疑者(28)と、神奈川県綾瀬市の自営業、雲居嗣芳容疑者(26)です。
警視庁によりますと、ことし9月、ガスの点検を装って足立区の集合住宅の部屋に押し入り、72歳の男性の手足を粘着テープで縛るなどしたうえ、現金およそ30万円とキャッシュカードを奪ったとして強盗などの疑いが持たれています。
調べに対し曽我容疑者は黙秘していますが、雲居容疑者は容疑を認め「SNSの闇バイトに応募し、『赤坂』という人物の指示でやった」と供述しているということです。
2人のうち曽我容疑者は、前日に世田谷区で起きた同じ手口の事件でも逮捕・起訴されていました。
東京や千葉、神奈川では同じような手口の事件が10件以上相次いでいますが、逮捕されたのはこれで合わせて12人となり、警視庁は「赤坂」などと名乗る人物を中心とする、同じグループが関わっているとみて捜査しています。
************************************************************
👀 オレオレ詐欺も大いに困りますが、上記の記事のような、昨今のより暴力的・直接的な手口の犯罪は、高齢者(及びその家族)にとって震え上がるような犯罪ですね。
このような犯罪が増加していくようなら、もはや高齢者の一人暮らしや高齢者だけの世帯という暮らし方自体が危険極まりなくなってしまいます。
犯罪がここまで直接的で暴力的になってくると、オレオレ詐欺が“牧歌的”にさえ思えてきますね。
高齢者自身や高齢者を持つ家族にとっては、このような手口の犯罪を防止することは喫緊の課題でありますが・・・
オレオレ詐欺のような手口以上に、なかなか対処が難しい犯罪でもあります。

 このような状況がより深刻になるようであれば、「認知症高齢者を含め、高齢者は施設ではなく出来るだけ最後まで自宅で・・・」といった高齢化社会の基本方針も絵空事になってしまうでしょう。
一人暮らし高齢者や高齢者だけの世帯をターゲットにした犯罪の在り様は、新たなフェーズに入ったと言えるでしょう。
一人暮らし高齢者や高齢者だけの世帯の高齢者の家族は、効果的とは言いかねますが・・・
それでも、「防犯カメラの設置」や「防犯アプリの導入」など現状で出来ることをやっていかなければならない時代になったことは確かです。




クリックお願いいたします。m(_ _)m
posted by 隊長 at 13:56| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

金融機関にこうしてだまされる(父のケースD)・・・高齢者及びご家族の皆様への教訓の巻

👀 N証券M支店にだまされ、証券・金融商品あっせん相談センターに相談しても、やはり高齢で理解力の衰えて金融機関に騙された高齢者は救われがたいことを認識させられた今回の経験でしたが・・・
今回の父のケースを通して、多少なりとも高齢者及び家族の皆様への教訓を記しておきましょう。

<教訓@ 認知症の診断書をもらっておく!>
 今回の父のケースでも、証券・金融商品あっせん相談センターの方に何度も言われたのは〜
「認知症の診断は受けられていますか?」
「認知症の診断書はありますか?」
ということでした。
加齢により理解力・判断力が衰えた高齢者が金融機関にだまされた場合、お話してきたとおり、現実には救済されることが難しい法律の運用になっています。
(金融商品取引法&金融商品販売法 は、本来もっと被害を救済するという法の趣旨であったはずだが・・・現実の運用は、極めて金融機関寄り(有利)になってしまっている)
ただ、契約以前に認知症の診断が下りている場合や認知症の診断書がある場合だけは、かなり有効です。
単なる加齢による判断力・理解力の低下程度では、なかなか抗弁できませんが、明確な疾病である認知症であれば、病気ということで、理解力・判断力の衰えも顕著ということが認められるので有利に事が運べます。
 ご本人に自覚が有るのが一番ですが、それは難しいでしょうから、ご家族が何とか薦めて(ごまかして)一日も早く認知症の診断を受けておくことです。

<教訓A 認知症であるとの診断がでたら、金融機関に通知!>
そして、もし認知症であるとの診断がでたら、金融機関に通知し、金融商品取引法&金融商品販売法 に基づき〜
「一切の勧誘行為を中止してもらう」
「認知症を通知したことの確認できる書面を貰っておく」
「取引に家族の同意を得ることを求める」
「取引の代理人の申請をする」(金融機関によっては高齢者に代理人をおくことが出来る制度があります。)
〜といったアプローチをしておくこと事が肝要です。
 最終的には、任意後見や法定後見という段階に至ることになりますが、現実には、そこに至るケースは全体から見ればごく少数です。
しかも、認知症初期の状態が一番金融機関に騙されやすいのです。
誰がどう見ても後見が必要と思える「認知症」のボケ老人になってしまえば、金融機関も必要な契約書や確認書を本人から取りづらくなるので、相当なワルでない限り金融商品取引を躊躇するようになりますから・・・

 私の父のケースでは、N証券に騙されたことを契機に、証券・金融商品あっせん相談センターの方にも言われてようやく、事後的に(騙されてから3ヵ月後)、医師の診断を受け、アルツハイマー型認知症であると診断されました。
やはり事後では「契約時点では、まだ診断が出ていなかった・・・」と金融機関に抗弁されるので、救われることはありませんでした。
本当に皆様には早めに受診しておくことを、強くお勧めします。
(診察受けて、認知症でなければ、それはそれで良い事ですしね・・・)

(つづく)


👀  心が荒むような「高齢者を食い物にする金融機関の実態」、そして「なかなかその被害が救済されない現実」が有ることを知っておきましょう。
   ↓
************************************************************
<認知症患者も「食いもの」に… 銀行・証券の投信販売「大手の安心は『幻想』だ」>  MSN産経ニュース 2012.6.9
 認知症の89歳の男性に投資信託を販売したとして、男性の家族らが大和証券に損害賠償を求めた東京地裁の訴訟で、大和側が請求の約7割にあたる600万円を支払う内容で和解が成立した。法廷に提出された証拠からは、契約内容を理解していない男性に対し、外務員が一方的に契約手続きを進める様子が浮き彫りとなった。高齢者向け投信販売のトラブルは近年急増しており、専門家は「強引な勧誘も目立ち、大手の銀行、証券会社だからといって油断してはいけない」と警鐘を鳴らしている。
家族を無視、本人交渉
 家族の設置したICレコーダーが、約900万円もの契約が交わされる瞬間を記録していた。
 《グローバル債券は…》《中国株式ファンドを買うんですが…》。外務員の専門用語交じりの説明に、《はいはい》《そうですか》と相づちを続ける男性。外務員に電話を渡されると、指示通りに支店職員に購入承諾を伝え、正式に手続きを終えた。
 しかし、直後の2人のやり取りでは、男性が契約を全く理解していない様子が明らかになる。
 外務員《では、またご連絡しますので》
 男性《そうすると、今日は…》
 外務員《買い付けをしました》
 男性《へっ? これから買い付けるんですか》
 男性の戸惑いを意に介さず、外務員は早々に退出した。
男性の家族らは「適正な勧誘を行ったとは到底考えられない」として平成22年6月、約820万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。 
 訴状によると、男性は80歳を過ぎた15年ごろから不可解な言動を繰り返すようになった。症状の進行に比例するように、投資信託の購入が急増。買い換えを含め購入総額は、18年には6千万円近くに達した。
 20年に「老人性認知症」の診断を受け、近所に住む家族が各社の外務員に交渉停止を求めていた。しかし、間もなく大和の後任担当者が家族に無断で再訪するようになったという。
 大和側は今年3月、約600万円を支払う和解案に応じた。「内容を十分精査した上で、適切に対応した」」とコメントしたが、男性の代理人、太田賢志弁護士は「悪質業者の詐欺とは性質が違うが、ここまでやるのか、と。大手であれば安心、というのは『幻想』だ」と語気を強める。
“違法”立証は困難
 投資信託協会(東京)が実施した23年調査によると、投資信託の保有割合は年代を追うごとに増加し70代では17・7%に。弁護士有志で構成する全国証券問題研究会の野沢健事務局長は「超低金利の時代に、年金不安も高まっている」と人気の背景を分析する。
 一方で、購入をめぐるトラブルも顕在化している。国民生活センターの「消費生活年報」によると、22年度の「ファンド型投資商品」に関する70代以上の相談は3025件(前年度1077件)に上った。
 金融庁は業者への監督指針で「顧客の知識、経験やリスク管理能力に応じ取引内容に留意する」と定めるが、具体的な対応は各業者に一任。証券課担当者は「国として規制を強化すれば、購入の権利を奪う『高齢者いじめ』として批判されかねない」と明かす。
 また、契約成立後に家族が無効を訴えても「『病状に気づかなかった』という外務員の注意義務違反を立証するのは困難」(野沢事務局長)で、「隠し録音」が有利に働いた今回のようなケースはまれだという。
 近年は金融工学を駆使した難解な商品も増加しており、太田弁護士は「『内容を把握できない商品は買わない』ことを徹底するよう家族が見守り、自衛するほかない」と話している。
************************************************************

blogramのブログランキング

クリックお願いいたします。m(_ _)m